実習コラム

【実習準備】みんなはいつから始めた?どのくらい前にスタートしたほうがいい?

/common/uimg/【実習準備】みんなはいつから始めた?どのくらい前にスタートしたほうがいい?

『準備が肝心』と言われる実習。

「本当に準備ってそんなに前からしなきゃダメ?」
「みんなどのくらい前から準備を始めてるの?」
など、疑問に思ってはいませんか?

ココキャリでは、実習を経験した先輩たちが『いつから準備を始めていたのか』アンケートを取り、実際に準備にどのくらい時間をかけていたのかを調査しました。

ここでは、その結果を元に「いつから始めたらいいのか」実習準備時期をみなさんにご提案します。

直前になって慌てないためにも、実習準備を始める時期は早めにチェックしておきましょう!

実習準備76%の先輩が…

ココキャリが独自に取ったアンケート調査によると、7割以上の先輩たちが2週間以上前から実習準備を始めていました。

そのうち33%の先輩は1ヶ月前から準備をスタートさせています。

中には3ヶ月も前から準備を始めていたという先輩も・・・!

準備期間が短い先輩でも3日〜1週間前には始めていて、さすがに「前日に慌ててやりました」という先輩はいないようですね。

2週前には実習準備はスタート!

多くの先輩がそうだったように、準備は実習の2週間ほど前から始めておくのがおすすめです。

特に、初実習前は「何を準備すればいいのか」「どこまで準備をしておくか」から考えるので、準備をするための準備にも時間がかかります。

そのため、初めての実習なら、1ヶ月ほど前からスタートしておくとしっかりと準備できるでしょう。

理想はわかっているけれど準備のタイミングがつかめない、という人は、実習前のオリエンテーション前後からスタートさせる、と考えてみるのはいかがでしょうか?

オリエンテーションは実習本番の1ヶ月〜2週間前に行われることが多いため、その前後から本格的な準備をスタートすると、しっかりとした準備期間を取れます。

夏休み明け&テスト期間に注意

一方、要注意なのが夏休み明けや試験が終わってすぐに実習がある場合です。

ついつい遊びや試験勉強に集中してしまい準備を後回しにしがちなので、気をつけていないと、実習直前になって慌ててしまうことに・・・!

実習直前に長いお休みや試験がある時には、1ヶ月以上前からコツコツ準備を進めておくなど、いつもより長めの準備期間を設けるようにしましょう。

なぜ実習準備に時間がかかる?

実習はただ園生活に参加すればいいだけでなく、読み聞かせやピアノなどの部分実習や責任実習を行います。

実習中の活動は、その場にあるものを読み聞かせたり、知っている手遊びをしたり・・・と”こなせればいい”わけではないですよね。

子どもたちの発達状況や季節、行事などからねらいを考えて活動したほうがよいため、準備がとっても大切なんです。

でも、いざ実習が始まると、毎日とても忙しくなってしまうので準備をする時間はあまりないと思っていたほうがいいでしょう。

睡眠時間を削らなければならなくなるケースも多く、ココキャリで調査したところ、実習期間中に睡眠時間が0〜4時間以内だった先輩は36%!

4〜6時間という先輩も合わせると83%と、ほとんどの人が”たっぷりは寝られなかった”ことがわかりました。

実習を楽しむポイントは?

そんな睡眠時間を削ることも多い実習ですが、ココキャリの調査で「実習は大変だったけど楽しめた」と回答してくれた先輩は「しっかり準備していたから、実習中の負担が軽減されていた」と話してくれていました。

活動や責任実習の準備はじっくり時間をかけたいところですが、実習中は毎日が慌ただしく過ぎていってしまうため、実習前にどれだけ考えて練習しておけたかがポイントとなるのです。

実習コラム一覧

ページ上部へスクロール