就活コラム

話題の保育にフォーカス!多くの園長が認めるレッジョエミリア・アプローチとは?

/common/uimg/話題の保育にフォーカス!多くの園長が認めるレッジョエミリア・アプローチとは?

レッジョエミリア・アプローチをみなさんは知っていますか?

レッジョエミリア・アプローチ(レッジョアプローチ)とは、イタリアのレッジョエミリア市で行われている
世界で最も注目されている幼児教育法の1つです。
基本的な理念のうち環境について今日は少し紹介していきたいと思います。

「光」を意識した設計

「光」を意識した設計

レッジョエミリアアプローチが行われている幼稚園や保育所の建物は、「光」が意識されています。

とても大きな窓から自然の陽光が降り注ぐような作りになっている場合が多いです。電灯をつけるのは、外が暗くなったときぐらいにしかつけません。

自然の陽光は子ども達にとってはもちろん、おとなが身を置いても心地よい空間です。

このようにレッジョアプローチでは、子ども達がどんな場所に身を置いていても心地よく過ごせるように、また、そこに身を置く子ども達からポジティブな感情を引き出すように気を配っています。

そのため、天井・床・壁・家具・遊具に至るまですべてのものに攻撃的な強い色を使うことを避けられています。



「何か」を学んでもらうための設計

「何か」を学んでもらうための設計

レッジョアプロ―チでは、子ども達が自然になにか学べるような設計をしています。

例えば、キッチンなどは一日中すべての子ども達からみえるようにガラス張りになっていることがあります。
それは、食べ物を分け合うことや一緒に食べることの大切さをわかってもらうためです。

また、トイレの近くの通路には珍しい貝のコレクションが置いてあることも。
子どもは、そこを通ると触ったり眺めたりして、トイレを我慢するようなしかけがあります。
これは自分の身体的欲求をしばらくの間コントロールすることに慣れさせ、我慢することを覚えさせるという効果を狙っています。

さらに、このような場所は学びの場であると同時に研究の場であり、子ども達を観察し見守るとともにそこから得たものをよく分析して次の教育活動に反映させる場でもあります。



地域を巻き込んで「保育」する

地域を巻き込んで「保育」する

レッジョアプローチでは、子ども達だけではなく先生や家族にとっても居心地の良い場所であることを理念として置いています。
そのため、親達にも開かれた場所であることを前提としています。
お母さんやお父さんが参加したいと思えば、いつでも歓迎されます。

「こんな環境で育ち、自分を取り巻く周囲の人や、さまざまなもの、環境を大切にすること、愛することを覚えた子どもは、将来必ず自分の社会全体の幸福度や発展に貢献する「巻き市民」になるだろう」

というのがレッジョアプローチで重要な理念になります。



レッジョエミリアアプローチの環境に対してはこのようになっています。

世界の幼児教育法も様々です。

日本と世界の違いについても興味を持って貰えたら嬉しいです!


就活コラム一覧

ページ上部へスクロール