保育の情報ブログ

12月にぴったりな遊び

/common/uimg/12月にぴったりな遊び

12月に入ると街にはキラキラと輝くイルミネーションが増え、一気にクリスマスモードになってきます。
子どもたちも「サンタさん、くるかな?」とわくわく心待ちにしている会話が聞こえてきますよね。
今回は12月にぴったりな室内遊びを2つご紹介していきます。


プレゼント運び競走

寒くなると室内遊びをする機会も増えてきます。運動不足にならないよう、室内でも目いっぱい体を動かして楽しめる「プレゼント運び競争」は子どもたちも大盛り上がりで遊べるはずですよ!


【遊び方】
1.ある程度の大きさがある箱に紐をつけ、サンタクロースが持っているプレゼントの袋を大きなビニール袋で作り、箱の中に入れる

2.クラスを2つのグループに分ける

3.よーいスタート!の掛け声でプレゼント入りの箱の紐を引っ張って室内をぐるっと周り、運ぶ

4.室内を周り終わったら、次の子とバトンタッチ!早くゴールしたチームの勝ち!



【楽しむコツ】
・プレゼントの袋や、引っ張る箱はクリスマス仕様に飾りをつける

・時間がある場合はグループの数を増やして、トーナメント戦にして楽しむ

・クリスマス会の遊びとして楽しむときは、プレゼント袋の中にちょっとした本物のプレゼントを入れておく

・次の子とのバトンタッチはサンタ帽を渡すなど、クリスマスならではのやり方にする


いとまき

最後は冬にぴったりの手遊び「いとまき」です。色んなものが出来上がる人気の手遊びなので、子どもたちも「次は何かな?」とキラキラした目で一緒に楽しめます。


【遊び方】
1.いーとーまきまき♪いーとーまきまき♪
(両手をグーにして胸の前でぐるぐる回す)

2.ひーて♪ひーて♪
(両手をグーにしたまま両腕を縦にして、左右に引く)

3.とんとんとん♪
(両手をグーにして叩く)

4.1〜3を繰り返す

5.でーきた♪でーきた♪
(リズムに合わせて拍手する)

6.可愛い帽子♪
(頭の上で帽子の三角形を作る)



【楽しむコツ】
・最後の何が出来たかは「手袋」「マフラー」など冬の小物を出すと、12月にぴったり!

・子どもの名前をプラスして「〇〇ちゃんの帽子♪」と歌うと、子どもたちは次は誰のかな?と期待しながら遊ぶことができる

・慣れてきたらテンポを速くして楽しむ


まとめ

12月にぴったりな遊びネタを紹介してきました。
室内で過ごすことが増え、運動不足になりやすい時期でもあるのでプレゼント運び競争で思いっきり体を動かして楽しむと、子どもたちも盛り上がって楽しめるでしょう。
クリスマスの絵本を読む前などに手遊びも活用してみてくださいね!


実習コラム一覧

ページ上部へスクロール