保育の情報ブログ

水を使った遊び

/common/uimg/水を使った遊び

暑くなってくると子どもたちと遊ぶものも少し涼しさを感じたいですよね。水を使う遊びは子どもたちにも大人気なので、保育の中に取り入れてみると夢中になって遊べるでしょう。ここでは水を使った簡単な遊びを3つご紹介していきます!用意するものも少ないので、すぐに遊べるものばかりですよ。

透明お絵描きカード

透明お絵描きカード

子どもたちの好きなキャラクターをお絵描きカードにして、水に浮かべたり壁にペタッとして遊んでみましょう!
【必要な材料】
・クリアファイル
・透明テープ
・カラー油性ペン

【使うもの】
・ハサミ

【作り方】
1.クリアファイルに子どもたちの好きなキャラクターや動物を描く
(絵が苦手な場合は塗り絵を用意してファイルの下に挟み、線を油性ペンでなぞると簡単に描けます)

2.描いたものをカードになるようハサミで切り、両面を透明テープでラミネートして完成!

【遊び方】
基本的には、水の中に入れて、ぷかぷか浮かばせたり壁にペタッとくっつけて遊びます。
遊びの展開として、魚のカードをたくさん作って魚釣りを楽しむのも良いですね。
また、透明カードなので、女の子のカードにプラスして洋服や小物などのカードも作り、お着替え遊びとしても楽しめます。
透明カードは平な壁ならどこにでもくっつくので、場所を考えなくても良いのが嬉しい点です。



色水あそび

色水あそび

水を使った遊びの中でも人気なのが「色水あそび」ではないでしょうか。
たくさんの色を混ぜて遊びながら「こんな色になった!」という発見を楽しむことができますよ。

【必要な材料】
・透明カップ
・絵の具
・水



【遊び方】
1.透明カップに水を入れて、好きな色の絵の具を少量入れて遊ぶ

【楽しみ方】
・水の量や絵の具の量によって色の濃さなどが違うことに気づいて、考えながら遊ぶ
・色と色を合わせて違う色に変化するのを楽しむ
・ジュース屋さんごっこやお店屋さんごっこに遊びを展開させていく
・色々な材料(紙コップや紙、木材など)に筆を使って塗ってみる

色水遊びは簡単だからこそ、遊びの展開のパターンがたくさんあります。
保育者が提案するのも良いですが、遊びながら子どもたちの「こうやってみたらどうかな?」とでた一声から色々な体験をしてみると夢中になって楽しめるはずですよ!



水のお手玉

水のお手玉

感触がとっても楽しくて、ずっと触っていたい!
と声が上がるほどクセになる水のお手玉も簡単に作ることができます。
子どもたちと一緒に作って水遊びを楽しんでみましょう。

【必要な材料】
・透明ビニール
・カラー油性ペン
・水



【作り方】
1.透明ビニールにカラー油性ペンを使って顔や模様など好きなものを描く

2.1で作ったものに水を入れて開いてる部分の口を結び完成!

【遊び方】
・水の入ったビニールの感触を楽しむ
・実際にお手玉のようにビニールを軽く投げてキャッチして遊ぶ

ビニールに入れる水の量によって大きさが変わったり重さが変わったり、感触も変わってくるので、子どもたち一人一人が好きなように楽しめると良いですね。
ビニールが破けない限り何度でも楽しめるので、水遊びのプールの中に入れて遊ぶと飽きずに遊べるでしょう。



水を使った遊びをするときの注意点

水を使った遊びは子どもたちからも人気ですが、普段あまり使わない水を使うからこそ注意しなくてはいけない点もあります。
保育を進める中で以下の点に注意しながら楽しんでくださいね。

・水を使った遊びをする時はなるべく戸外で周りが濡れても大丈夫な環境を整える
・室内で水を使う時は、子どもたちにも走らないよう事前に声かけをする
・衣類が濡れそうな遊びの時は、遊ぶ前に濡れても大丈夫な格好にする



まとめ

水を使った遊びは暑い夏にはぴったりで、子どもたちも楽しみに登園してきますよね。
ただの水遊びで終わらせるのではなく、プラスして楽しめる簡単な遊びがあるとさらに笑顔で遊べるでしょう。
今回紹介した遊びは用意する材料も少なく、その日のうちにやってみよう!
と作って遊ぶことができるので、天気の良い暑い日に楽しんでみてくださいね。



実習コラム一覧

ページ上部へスクロール