保育の情報ブログ

8月に読みたいおすすめ絵本

/common/uimg/8月に読みたいおすすめ絵本

本格的に暑さが厳しくなる8月。
子ども達は、お盆休みの帰省や夏の行事にと楽しみがいっぱいです。
また、セミの鳴き声やカブトムシの飼育など、虫と触れ合ういい季節でもあります。

そんな8月には、夏のイベントの楽しさや季節の虫を感じられる絵本がおすすめです。
今回は、8月に読みたいおすすめの絵本を5冊ご紹介します。

夏のイベントの楽しさを感じられる絵本


▲うみだ うみだ
(作:せなけいこ 出版社:金の星社)


『ねないこだれだ』や『いやだいやだ』などの人気絵本を出版している、せなけいこさんのシリーズです。うさぎちゃんたちが海にきて大喜びする様子や、スイカ割りなどを楽しむ様子が描かれています。
夏らしい海や水着、アイスクリーム、スイカなどが登場するため、夏らしさを感じられる絵本です。テンポよく読める絵本なので乳児から幼児まで幅広く楽しめますよ。



▲はなび
(作・絵:浅沼とおる 出版社:フレーベル館)


『はなび』は、夏にピッタリの花火の絵本です。縦に開いて読むタイプの絵本で、打ち上げ花火の様子がダイナミックに描かれています。また、花火独特の「ばばーん!」「どんどん!」いった擬音が、花火大会の迫力満点な雰囲気を演出しています。

この絵本を読むと「はなびしたことあるよ!」「はなびきれいだね」と、ワクワクした反応を見せてくれます。紺色の夜の背景に鮮やかに描かれる花火が、子ども達の目を釘付けにする作品です。短い言葉ばかりなので、0歳~2歳までのクラスにおすすめですよ。




▲わにわにのおでかけ
(文:小風さち/絵:山口マオ 出版社:福音館書店)


『わにわにのおでかけ』は、『わにわにのおふろ』や『わにわにとあかわに』などのワニワニシリーズのひとつです。『わにわにのおでかけ』には、夏らしいお祭りや縁日の様子が描かれています。お祭りに行く人たちにつられて家から出たワニさんが見たのは、たくさんの屋台!金魚すくいやヨーヨー釣り、花火など夏のイベントを楽しむワニさんが描かれています。

簡単な物語なので、乳児クラスでも楽しめます!保育園のお店屋さんごっこや、夏祭りの前に読むのもおすすめですよ。


夏の虫を楽しむ絵本


▲セミくん いよいよ こんやです
(作:工藤ノリコ 出版社:教育画劇)


夏になると、うるさく鳴り響くセミの声。『セミくん いよいよ こんやです』は、セミの「羽化」に注目した絵本です。長い間、土の中で過ごしたセミくんは、いよいよ今夜おとなのセミに変わる特別な日。そんな特別な日をほかの虫たちとお祝いする感動的なお話です。

この絵本は、セミの鳴き声に興味を持って、虫取りを始める幼児期の子どもたちのピッタリの絵本です。図鑑では分かりにくいセミの一生も、この絵本なら簡単に伝えられます。虫が苦手な子どもでも読みやすい絵本ですよ。




▲かぶとむしのぶんちゃん
(作:高家博成/仲川道子 出版社:童心社)


夏と言えばカブトムシ!『かぶとむしのぶんちゃん』では、カブトムシとクワガタムシのケンカの様子が描かれています。お友達と一緒に木の蜜を吸っていると、クワガタムシが横取りに…!カブトムシのぶんちゃんは、蜜を守るために戦います。

この絵本は、虫が大好きな男の子から絶大な人気を誇っています。物語としては少し長めなので、3歳からがおすすめです。


まとめ

今回は、8月に読みたい絵本をご紹介しました。

8月は海やプール、夏祭りや花火など、子ども達にとって楽しみなイベントが盛りだくさんです。行事の楽しさが伝わるような絵本を読んであげたいですね。

また、セミやカブトムシの姿は夏ならでは。絵本を通して、子ども達の興味や関心を広げてあげましょう!

実習コラム一覧

ページ上部へスクロール