保育の情報ブログ

責任実習の活動内容を決めるときに大切なこと

/common/uimg/責任実習の活動内容を決めるときに大切なこと

責任実習とは、保育実習のなかで一日の保育をすべて任される実習です。
保育学生が子ども達に「担任」として指導するため、活動内容を考えたり指導案を作成したりします。

どのような活動内容にしようか、とても悩ましいですよね。
しかし、責任実習を経験することは保育学生にとって大変貴重な経験になります。
とても緊張しますが、しっかり準備して取り組みましょう。

そこで今回は、責任実習の活動内容を決めるときに大切なポイントをご紹介します。

責任実習とは?

責任実習とは?

責任実習とは、朝の会からお帰りの会まで、保育学生が担任として保育を進める実習です。
保育園によっては「全日実習」と呼ばれることもあります。

保育実習の多くは、まず決まった活動のみを担当する「部分実習」からおこないます。
例えば、朝の会や外遊びの時間、給食の時間、お帰りの会の時間などといった、限られた時間のみを指導します。
部分実習での経験を積み、実習最終日に責任実習が割り当てられることが多いようです。



責任実習の活動内容を決めるときに気をつけること

責任実習の活動内容を決めるときに気をつけること

責任実習は、部分実習とは異なり「朝から夕方まで」すべての時間を担任として指導しなければなりません。
そのため、指導案も1日分作成します。責任実習の活動内容を決める際には、以下のようなポイントに気を付けましょう。


実習中の記録をしっかりとっておく
すべてを任される責任実習だからといって、好きな時間に好きなことを指導しても良いというわけではありません。
実習先の保育園や担当するクラスのタイムスケジュールに沿って計画を立てる必要があります。

そのためには、普段どのようなタイムスケジュールで動いているのか、しっかり記録を取っておく必要があります。
実習中に保育士がいつ子ども達に声をかけ、子ども達の排泄や手洗いにどれくらいの時間がかかるのかなど、細かく記録しておくことをおすすめします。


担当保育士への相談
責任実習の活動内容は、実習担当の保育士に相談しながら決めるのが基本です。
「月齢に合った内容か?」「環境構成や想像される子ども達の姿に漏れはないか?」など、プロの目でチェックしてもらいましょう。

しかし、責任実習前日ギリギリに指導案を提出するのは控えましょう。
保育士は日常の保育業務に合わせ、実習記録のチェックもおこなっています。余裕を持って提出するよう気を付けましょう。


月齢や時期を考える
責任実習には、もちろん午前中の活動時間も含まれます。
そのため、月齢や季節に合った活動を考えなければなりません。実習先や担当クラスが決まった時点で、あらかじめ候補を考えておくと安心です。
とくに、外遊びを設定する場合は、雨天時の室内遊びの指導案も準備しておきましょう。
また、準備しておいてほしい物や保育士に頼みたいことがあれば、事前に可能かどうか確認しておきたいですね。


安全であることが一番
責任実習は、その名のとおり「責任」を持って取り組む必要があります。
もちろん保育士も後ろから見守っていますが、保育学生が一番気をつけることは「安全かどうか」です。
例えば、製作活動を入れる際には、ケガや事故につながることがないか環境構成は何度も確認しましょう。


まとめ

今回は、責任実習で活動を決めるときに大切なことについて解説しました。たくさんの子ども達の前に立つわけですから、緊張しても無理はありません。責任実習では、クラス全体を見渡す難しさを感じるはずです。責任実習がうまくいかず「保育士に向いていない」と、落ち込んでしまう保育学生も少なくないでしょう。

しかし、責任実習はあくまでも実習であり、保育士としての仕事を勉強するチャンスです。
失敗は恐れず、担当保育士からたくさんのことを学んでくださいね。
少しでも実りある実習になるよう、しっかり準備して臨みましょう。

実習コラム一覧

ページ上部へスクロール