保育の情報ブログ

6月に読みたいおすすめ絵本

/common/uimg/6月に読みたいおすすめ絵本

6月は梅雨入りして雨も多く、室内遊びが多くなりますよね。
いつもより絵本を読む機会も多くなるのではないでしょうか?

大人は雨が降ると気分がどんよりしてしまいがちですが…子ども達は元気いっぱい!
雨の音や雰囲気から学ぶこともたくさんあるんですよ。

そこで今回は、雨にまつわる「6月に読みたいオススメ絵本」をご紹介します!
また、6月には「時の記念日」という、時間の大切さを伝える記念日があります。そこで、時計に関する絵本も合わせてご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

雨を楽しむ絵本


▲ぞうくんのあめふりさんぽ
(作・絵:なかのひろたか 出版社:福音館書店)


大人気『ぞうくんのさんぽ』シリーズの、あめふりバージョンです。雨が降っているにも関わらず、ごきげんのぞうくん。お散歩しようとお友達のかばくんを誘いますが、なんとお池の中をお散歩するという展開に!泳げないぞうくんを、かばくんが背中に乗せて…。と、ちょっとドキドキする雨の日のお散歩が描かれている作品です。

雨の日にお散歩している姿を見て「いいな~!」という子ども達の声が響きます。簡単なストーリーと、分かりやすいイラストなので0歳や1歳からでもしっかり見てくれますよ。




▲バルボンさんのおさんぽ
(作・絵:とよたかずひこ 出版社:アリス館)


イラストが可愛い『ワニのバルボンさんシリーズ』の1冊。バルボンさんがお勤めしている動物園がお休みの日、雨の中のお散歩にいくというストーリーです。同じく雨の日の散歩を楽しむカエルさん家族も登場して、なんとも梅雨らしい絵本になっています。

「すいすい、ぴちゃぴちゃ、どんどん、ぴちゃぴちゃ」雨の音をリズミカルに読むことで、楽しいお散歩の様子を伝えながら読むのがポイントです。1歳からでも楽しめますが、2歳~3歳におすすめです。




▲ぴっつんつん
(作:武鹿悦子/絵:もろかおり 出版社:くもん出版)


ちょっと不思議な言葉の繰り返しが特徴的な絵本『ぴっつんつん』。その不思議な言葉に合わせて、傘を持ったお友達がどんどん増えていきます。カラフルな傘の色と、雨の音から楽しい雰囲気が伝わってくる絵本です。

なんだか口に出して言いたくなる「ぴっつんつん」。リズムに合わせて楽しく愉快に、見ている子ども達も目をキラキラさせる1冊です。簡単なイラストや、雨の音を楽しむ絵本なので、年齢関係なく読めますよ。



季節の歌を楽しむ絵本


▲あめふりくまのこ
(著者:鶴見正夫/高見八重子 出版社:ひさかたチャイルド)


梅雨の時期になると季節の歌として取り入れることが多い、童謡の『あめふりくまのこ』が絵本になっています。雨の日に山で過ごすクマの子の様子が、詩に合わせて優しく描かれています。

詩として読んで伝えても良し、歌いながら読んでも良しの1冊です。季節の歌を指導するときに、導入として読むと情景が伝わりやすいですよ。




▲いまなんじ
(作:やましたはるお/絵:むらかみつとむ 出版社:あかね書房)


長く愛され続ける、時計にまつわる絵本『いまなんじ』。みどりぐみのカエルさん達が、暮らしの中で「時計の読み方」について教えてくれます。おやつや晩ごはんの時間、おはよう、おやすみの時間を紹介してくれるので、生活と結びつけて学ぶことができます。

毎年6月10日は『時の記念日』です。この時期に合わせて、童謡『とけいのうた』を取り入れる園も多いのではないでしょうか?そんな時計にまつわる絵本なので、導入にもピッタリです。4歳~5歳なら、この絵本で時計を覚える子がでてくるかもしれません。



まとめ

今回は、6月に読みたい絵本をご紹介しました。傘や長靴、かたつむりなど他にもたくさんあります!

ちょうど雨が降っている日に読むのもいいですし、梅雨の製作を始める前の導入として読んでみてもいいですね。実習期間中の保育学生なら、絵本と歌をリンクさせた活動もオススメです。

たくさんの絵本を読んでみて、お気に入りの1冊を見つけてくださいね!

実習コラム一覧

ページ上部へスクロール